フリーランスといっても労働から卒業しないとずっと大変だという話

フリーランスといっても労働から卒業しないとずっと大変だという話

こんにちは、フリーランスのかけはしです。

フリーランスエンジニアとしての働き方

僕は文系の学部を卒業してからは、いくつかの会社で雇用される形で「エンジニア」として働いてきました。

関連記事: プログラミングスクールで挫折した後に気づいた、初級者がプログラミングを上達させるうえで必要な3つのこと

そして、今年になってフリーランスになり主には受注開発をして生活してきました。

一日の殆どを開発にあてることができて、とても充実した時間を過ごしてきました。

しかし、ちょっと思ったんですよね。「これ、全然楽にならないぞ」と。

たしかにフリーランスエンジニアとして働くようになってからは収入は増えました。

だけど、ほとんどその働き方は雇用されていたときのそれと変わらないと思いました。

もちろん、たとえば業務委託契約であれば、当事者間で定めた時間をちゃんと稼働することによって報酬を得る準委任契約か、成果をきちんど出すことができれば比較的働く時間や場所に囚われない請負契約かを選ぶことができ、自分の好みの働き方を選択することができます。

しかし、結局の所は、自分が必死に手を動かして、ときには常駐先のオフィスに赴き、誰かの商品・サービスを作りつづける必要があるのですよね。

エンジニア系のエージェントにいくつか登録して紹介もしてもらったことがありますが、そのほとんどが常駐での開発です。

それらの意味することはつまり、何らかの理由で自分の脳みそや体が馬鹿になってしまったら一銭も稼げないということです。

これは、みなさんはどう感じるでしょうか。それは当たり前のことだと思うでしょうか。

僕は、ずっと手を動かし続けないとお金が稼げない状態に留まることへの恐怖心があります。

なので、僕はアフィリエイトブログなどのストック型のビジネスに強く惹かれるのだなと感じます。

資本家を目指すということ

やはり資本主義というゲームにおいて、我々が挑戦してみて面白いこととしては、自分が寝ていても自分の分身や自分の商品、自分のお金が、勝手に働いて、お金を稼いでくれる状況を作ることなのではないかなと思います。

つまり、資本家を目指すということです。

参考記事: 富裕層が実践するコップから溢れた水しか飲まないという考え方について

具体的な資本家になるための第一歩として考えられることには、ユーザーがコンテンツを作る「User Generated Contents(ユーザー生成コンテンツ)」サービスを作ることや、前述のアフィリエイトサイト、その他手数料ビジネスやプラットフォームづくりなどが挙げられると思います。

もちろん、これらを完全に仕組み化させるためには、時間的・金銭的な投資が必要で簡単なことではないと思います。

しかしありがたいことに、エンジニアやプログラマと呼ばれている人たちは、自分の手を動かすことによって先にあげたようなサービスをつくることができるため、限りなく資本家への道に乗りやすい職業なのではないかと感じます。

資本家側のはたらきを知らずにただ歳を重ね、なかなか雇用機会に恵まれなくなってしまってからでは遅いため、早くから自分の商品・サービスづくりをつくることが大事な気がしています。

そして、そおそらくこれからは複業の時代が加速し、みんながそれぞれのスキルを生かしてフリーランス的な動きをする世の中になっていくと思います。

分裂する労働者と投資家・資本家

そんな中、人々のライフスタイルは2つにより大きく分断されていくと思います。

1. 自分のスキルをただ切り売りしていく
2. スキルを売って稼いだお金を商品・サービスをつくるための投資にまわす

1.のタイプの生活はAI(人工知能)とBI(ベーシックインカム)と共に生活を送る労働者的なタイプ、2.のタイプはAIとVC(ベンチャー・キャピタル)と共に生活を送る投資家的なタイプということと似ている話です。

落合陽一氏の『魔法の世紀』にもそのようなことが書いてあった気がします。

魔法の世紀

魔法の世紀

落合陽一
2,484円(12/12 04:31時点)
発売日: 2015/11/27
Amazonの情報を掲載しています

これは、どちらが良い・悪いの話ではなく、人間のそれぞれの価値観に照らして選択されるライフスタイルであろうということです。

まとめ

こうして考えたときに、僕はマズローの欲求5段階説を上るかのように、2.のタイプを突き詰めていきたいと思っています。

そうして稼ぐ仕組みをつくったあとに、より大胆に「お金にはならないけど世の中のためになること」に挑戦できるのではないかなと思います。

というわけで、今日も明日もアフィリエイトを更新したり、このようにいつか資産になるためのブログを買いたり、売れる商品をつくるために人的資本を増やすために勉強したりしていきます!

  • フリーランスになっても雇用されているときと変わらない働き方になりがち
  • 寝ていても稼げるようになるには資本家になるしかない
  • これからますます労働者と資本家の分断が目立ってくるだろう